第十二番 大日如来 東寺

第十二番 大日如来
東寺 真言宗 総本山 教王護国寺 東寺
建立 796年(延暦15年)

東寺真言宗の総本山。
794年(延暦13)の平安京造営に際し、その2年後、国家鎮護のため羅城門の東に創建。
823年(弘仁14)空海(弘法大師)に下賜された。
講堂(重文)には大日如来を中心に国宝の五大明王など21体の仏像を安置。
この配列は立体曼荼羅といわれる。
金堂(国宝)は豊臣秀頼の再建。
大師堂(御影堂・国宝)は、大師在世時の住房で、弘法大師像と、大師念持仏の不動明王坐像(国宝)を安置。五重塔(国宝)は徳川家光が再建、高さ55メートルで、わが国最高。
内部は非公開。宝物館に真言密教の文化財多数を陳列。
1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。

交通案内
近鉄電車 東寺駅下車 徒歩約5分
市バス 東寺東門前下車すぐ
JR 京都駅下車 徒歩約15分
駐車場情報
バス10台分 2000円
自家用車50台分 2時間600円
タクシー 600円
車椅子による見学
拝観所要時間
約40分
休日・休館
無休
拝観時間
春(3月20日〜)8:30 〜 17:30
秋(9月20日〜)8:30 〜 16:30
料金
一般団体割引障害者
大人500円350円300円
大学生500円350円300円
高校生400円280円200円
中学生300円200円100円
小人300円200円100円
※団体で説明が必要な場合は要予約

〒601-8473 京都府京都市南区九条町1
TEL 075-691-3325

[PR] 京都の探偵 相沢京子調査室