第六番 弥勒菩薩 泉涌寺

第六番 弥勒菩薩
真言宗 泉涌寺派 総本山 泉涌寺
建立 1218年(建保6年)

第六番 弥勒菩薩 泉涌寺 1

真言宗泉涌寺派の総本山。
皇室との関連が深く御寺(みてら)とも呼ばれる。
寺伝によれば、空海が天長年間(824-34)ここに草庵を結び、法輪寺としたのが起こり。
1218年(建保6)月輪大師が造営するにあたり、清泉が涌き泉涌寺と改められた。四条天皇以来14代の天皇陵をはじめ、皇妃、親王陵墓など39の陵墓がある。
仏殿(重文)は、徳川家綱の再建で、運慶作と伝える釈迦、弥陀、弥勒の三尊を安置。
天井の竜は狩野探幽筆。霊明殿に歴代天皇、皇后、親王の尊牌を奉安。
泉涌寺勧縁疏(国宝)などの文化財を所蔵。国内最大の涅槃図がある。
洛陽三十三観音霊場20番札所の楊貴妃観音(重文)、1月の成人の日に行われる七福神巡りは有名。

交通案内
JR・京阪電車 東福寺下車 徒歩約15分
市バス 泉涌寺道下車 徒歩約10分
駐車場情報
バス10台分 無料
自家用車30台分 無料
車椅子による見学
境内のみ可
拝観・開館時間
9:00 - 16:30
拝観所要時間
約30分
備考
12〜2月は、16:00 終了
料金
一般団体
大人500円---
大学生500円---
高校生500円---
中学生300円---
小人300円---
幼児無料---
※別に御殿、庭園、特別拝観 300円
※団体の場合は、要電話連絡
※団体割引無し

〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
TEL 075-561-1551
http://www.mitera.org/

[PR] 京都の探偵 相沢京子調査室