第四番 普賢菩薩 大光明寺

第四番 普賢菩薩
臨済宗 相国寺派 大光明寺
建立 1392年(明徳3年)

第四番 普賢菩薩 大光明寺 1
第四番 普賢菩薩 大光明寺 2

臨済宗相国寺派大本山。
足利義満が創建を発願、1392年(明徳3)に完成、夢窓国師を開山とした。
山内に禅宗寺院を統制管理する僧録司を置き、禅宗行政の中心的存在であったが、失火で炎上、5年後に七層の宝塔を建立したが落雷で焼失するなど衰退、再建を繰り返した。
法堂(重文)は豊臣秀頼の寄進。天井に狩野光信筆の蟠龍図が描かれ“鳴き龍”で知られる。
寺宝は、無学祖元墨蹟(国宝)をはじめ、文化財は多く、1984年(昭和59)、一山の美術品を一堂に集めた承天閣美術館ができた。

交通案内
地下鉄今出川駅下車 徒歩約5分市バス同志社前下車 徒歩約5分
駐車場情報 大型バス4台程度 無料(完全予約制)
車椅子による見学
介助あれば可
拝観・開館時間
10:00 〜 16:00
拝観所要時間
約 1 時間
休日・休館
特別拝観中は本山行事以外無休
備考
春(3月24日〜6月4日)秋(9月15日〜12月8日)のみ法堂・方丈・浴室特別拝観
料金
一般団体
大人・大学生800円700円
中高生・65歳以上700円600円
※20名以上の団体の場合は要予約

〒602-0898 京都府京都市上京区相国寺門前701
TEL 075-211-0454
ホームページ http://www.shokoku-ji.or.jp/

相国寺
〒602-0898 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
TEL 075-231-0301
FAX 075-212-3591

[PR] 京都の探偵 相沢京子調査室