第一番 不動明王 智積院

第一番 不動明王
真言宗 智山派 総本山 智積院
建立 1601年(慶長6年)

第一番 不動明王 智積院 1
第一番 不動明王 智積院 2

真言宗智山派総本山。
東大路と七条通りのT字路、そこが智積院。境内にはいると、東山を背に金堂が見え、その参道の左手、唐門を入ると不動堂がある。
信心深い農夫に代わって、朝早くから麦踏みをなされたというお不動様が祀られている。いつも庶民の味方のご本尊。

智積院は、1601年(慶長6)に建立された真言宗智山派総本山で、末寺は全国に約3000あります。
南北朝のころに創建された、紀州根来山の学頭寺院が起こりです。(一乗山大伝法院 根来寺)

1585年(天正13)に兵火を受け京都に避けました。
大坂城落城後に豊臣秀吉の愛児、鶴松の菩提をとむらう為に建立した、祥雲禅寺の寺領を徳川家康が寄進、「五百佛山 根来寺 智積院」とあらため、仏教研学の道場としてさかえてきました。
明治に焼けた金堂は、1975年(昭和50)復興されており、江戸初期の池泉廻遊式庭園は、中国の廬山を形どったといわれ、収蔵庫には長谷川等伯一派による桜・楓図(国宝)など極彩色の障壁画が展示されています。

智積院の庭園は、境内に入って左手。
細長い池があるので、北端からみると、池、滝、築山とが一体となった遠近感が強調されて印象的な視覚効果で美しい池泉廻遊式庭園です。
五月から六月にかけてはツツジやサツキがいっせいに花咲きますので、京都へ宿泊の際はぜひ知積院へお寄り下さい。

〒605-0951 京都府京都市東山区東大路七条下る東瓦町964
TEL 075-541-5362

[PR] 京都の探偵 相沢京子調査室